No.111〜(2004.9.14.〜)

夏の戦利品編の続き。


No.114 (9.24.) エレメンタルマスター 評価7.2
シューティング 90.12.14.発売 テクノソフト

縦スクロールシューティングゲーム。全7ステージ。
うち前半4ステージは面セレクトが可能。このあたりは「サンダーフォースIII」を踏襲。
基本的に前方と後方へのショットで攻撃するが、魔法を入手すると溜め撃ちで魔法攻撃ができる。
内容は良くも悪くも「サンダーフォースIII」的。敵の攻撃パターンやトラップ等を覚えないとクリアはおぼつかない。
逆に言えば、覚えてしまえばクリアは楽になる。
さすがに新鮮味は感じられないが完成度は高い。
グラフィックは重厚だがやや見づらい部分もあるのは気になる。
サウンドはまさにテクノソフト。曲もカッコイイが音色が派手で良い。
デモシーンはまずまずか。

これはけっこう安価で買えたのですが、なかなか面白くて良い買い物でした。
実は全然チェックしてなかったんですけどね(苦笑)。



No.113 (9.20.) ミッキーマニア 評価7.8
アクション 95.3.31.発売 セガ

縦横スクロールのアクションゲーム。
ミッキーマウスが主演の映画を年代順になぞったステージ構成が特徴。
最初のステージ「蒸気船ウィリー」は白黒で表示され、時代を感じさせる。
ゲームとしてはジャンプとビー玉攻撃を駆使して進むアクションゲームで、ステージ中にはいろんな仕掛けが用意されている。
また謎を解明しないと進めない場所があり、アクションだけではクリアできない作りになっている。
見た目よりも手ごたえがあるかも。
グラフィックは「アラジン(No.46で紹介)」と同様、ディズニーのイメージを崩さず、非常に丁寧に描かれている。
キャラの動きもやたら滑らか。サウンドも楽しげで雰囲気が出ている。

全体によく出来たアクションゲームで、楽しめますね。
白黒画面はなかなか衝撃的でした(笑)。



No.112 (9.15.) V・后淵凜ぁΕ侫.ぅ堯法”床8.3
シューティング 94.3.25.発売 テンゲン

同名アーケードゲームの移植。海外版「グラインドストーマー」とのカップリング。
一見「TATSUJIN」のようなオーソドックスな縦スクロールシューティングだが、実際遊んでみるとかなり"濃い"ことがわかる。
派手な色使い、豪快な敵の攻撃、耳をつんざく爆音…。
難易度も高めで、先に進むのにけっこう苦労させられる。
パワーアップはアイテムを取ることでゲージが移動し、ボタンを押すとゲージ位置に対応した武器が装備される仕組み。
ただし「グラインドストーマー」では出てくる武器を直接取ってパワーアップする。
これは「沙羅曼蛇」と「ライフフォース」の関係に近い。
とにかく全体に漂う濃いオーラに圧倒されるゲームだが、シューティングとしての完成度は高い。
市場価格は高めだが、オススメの一本。

これは比較的安価で手に入れることができたのですが、かなり面白いですね。
難しいので苦労させられてますが…。
あと、マニュアルが無かったのは今にして思えばちょっと残念。



No.111 (9.14.) アイラブ ミッキー&ドナルド ふしぎなマジックボックス 評価7.0
アクション 92.12.18.発売 セガ

縦横スクロールのアクションゲーム。2人同時プレイ可能。
オーソドックスなアクションゲームで、1人でやると新鮮味は薄い。難易度も低め。
しかし2人で遊ぶことで各種協力アクションができるようになり、ゲーム性が一変。
2人の息が合わなければ難しいが、うまくいけばなかなかの満足感を味わえる。
ディズニーらしいきれいな色使いのグラフィック、のんびりしたBGMも味がある。
ゲーム展開ものんびり。まったりと遊べるのはこのシリーズの特徴でもある。

メガドライブのディズニーものは本当に安定して遊べますね。
一部例外もあるようですが(笑)。



home

back